体質改善~vol.2~

体調が悪くなった時にお医者さんから処方される薬の多くは「西洋医学」と呼ばれているものであり、基本的な考え方としては、診断に従って治療目的をはっきりと定めます。

例えばウイルスや細菌などの病原体をピンポイントで攻撃、排除をすることなどです。
ただしあまり体力のない方は治りも遅くなりますし、副作用を伴う場合もあります。

西洋医学が発達する以前、どうやって病気を直す事ができるか症状を良くできるか、試行錯誤されながら生まれたのが「漢方」であり、人間が予め持っている治癒力をサポートし、免疫力を高め、内側から病気を直していくという考え方になります。

内部環境を正し全身のバランスを整えることで、将来的に病気にかかりにくい体にし、事前予防を主眼としています。
漢方はいろいろな生薬の複合。様々な症状に効く可能性もあり、そして副作用も少なく済むので安心です。

もしつらい症状が出てきたら、薬を処方する前に「漢方」の力を思い出して、風邪の引きやすいこの季節を乗り切ってください。

News & Topics

News & Topics一覧を見る >